調剤報酬関連

一包化は、多種類の薬剤が投与されている患者において生じる薬剤ののみ忘れ、のみ誤りを防止する事又は心身の特性により錠剤等を直接の被包から取り出して服用する事が困難な患者に配慮する事を目的とし、治療上の必要性が認められる場合に、医師の了承を得た上で行います。一包化加算の点数及び算定要件を確認する前に、保...

令和元年7月21日公開令和3年5月18日更新2020年(令和2年)調剤報酬改定に伴い修正しました案内文を印刷するならこちら⇒案内文PDFこちらは広島県薬剤師会から令和3年度に通知があったとの情報を貰いました。厚生労働省保険局医務課の回答ということであれば全国共通解釈でも良いと思われますが、各都道府県...

令和元年9月23日公開令和3年1月7日更新日常業務において、夜間休日等加算(40点)の算定する事がある薬局は多く、時間外・休日・深夜加算を算定する事は滅多にありません。そのため実際に算定する時には改めて調べる事になります。一度理解したと思っても忘れてしまっています。改めて調べる時にすぐ分かるように図...

喘息等の患者について、医師の求めなどに応じて、吸入薬の使用方法について、文書での説明に加え、練習用吸入器を用いた実技指導を行い、その指導内容を医療機関に提供した場合の評価として新設されました。薬剤服用歴管理指導加算 吸入指導加算   30点 (3か月に1回)算定要件のポイント喘息又は慢性閉塞性肺疾患...

令和元年11月10日公開令和2年4月30日更新割線のある錠剤を医師の指示に基づき分割した場合は、自家製剤加算が算定できるんですよね?でも割線がない錠剤はDrが処方箋で0.5Tを指示しても何も算定できないんですか?割線のある錠剤を医師の指示に基づき分割した場合は、錠剤として算定する。ただし、分割した医...

令和2年1月29日公開令和2年2月9日更新中央社会保険医療協議会 総会(第448回) 議事次第厚生労働省調剤薬局に関する項目抜粋地域医療に貢献する薬局の評価薬局における対人業務の評価の充実調剤基本料の見直し厚生労働省資料はこちら60~63、269~280、414~416ページ(PDFファイル)薬局に...

令和元年11月30日公開令和2年5月5日更新重複投薬・相互作用等防止加算は、平成6年4月1日より設けられているもので、重複投薬または相互作用の防止のほか、残薬調整などを含めて評価するものとして、平成28年4月1日より現行の名称に見直された。平成30年4月1日の調剤報酬改定では、薬剤服用歴の記録に基づ...

page top