薬局管理業務

“ADHD適正流通管理システム”に薬局が登録されていなければなりません登録されていないのであれば先にコンサータ錠、ビバンセカプセルの処方箋を持った患者さんが来たら(リンク)の記事を読むことをお勧めしますこのページでは“ADHD適正流通管理システム”の登録薬局が、実際にどのような流れで調剤を行っている...

令和元年12月13日公開令和3年1月6日更新この記事のココ以降は経過措置終了となっている為、現在、実際行う“調剤登録”とは違っています実際行う“調剤登録”はADHD適正流通管理システム(リンク)内のマニュアルを参考にするか、若しくはoziさん薬剤師薬局でのコンサータ・ビバンセ患者の対応方法(リンク)...

令和元年12月10日公開令和3年1月3日更新まず、必要不可欠な条件として「ADHD適正流通管理システム」に登録された薬局でなければなりません。処方箋が持ち込まれた時点で登録されていない薬局は、すでに登録されている薬局へ紹介してあげる事が親切な対応になるのではないでしょうか?対応しようと考える場合は、...

令和元年9月1日公開令和2年6月4日更新厚生労働省は、令和2年5月8日付で、保険局保険課長、保険局国民健康保険課長、保健局高齢者医療課長より「民法の一部を改正する法律等の施行について」の通知を発出いたしました。詳細は下記民法の一部を改正する法律等の施行について(PDF)(日本病院薬剤師会)請求支払に...

処方せんの保管期間は薬剤師法第27条、薬担規則第6条では3年。ただし、「障害者総合支援法」、「生活保護法」、「児童福祉法」、「難病の患者に対する医療等に関する法律」、「結核予防法」の中の規程により5年保管が必要な処方箋があるから、保管する箱に調剤済みとなった最終年月を書いておいても廃棄可能になる年月...

page top