oziさん薬剤師.com

調剤料を算定時、メトトレキサートは「特例として別剤算定」について案内がありました。これは、メトトレキサートの用法の特殊性からの算定ルールとなっていました。参考:メトトレキサートに限定した調剤料の取り扱い2022年4月に「調剤料」が廃止、「薬剤調製料」と「調剤管理料」が新設となりました。そこで、以前の...

令和4年3月27日公開令和4年4月1日更新多種類の薬剤が投与されている患者又は自ら被包から取り出して服用することが困難な患者に対して、医師の了解を得た上で、薬剤師が内服薬の一包化及び必要な服薬指導を行い、当該患者の服薬管理を支援した場合の評価を新設する。併せて、調剤料の一包化加算を廃止する。外来服薬...

令和4年3月22日公開令和4年4月1日更新これまで調剤料として評価されていた薬剤調製や取り揃え・監査業務の評価を新設内服薬の調剤料について処方日数に応じた段階的な評価を見直す調剤料(2022.3.31まで)薬剤調製料(2022.4.1から)内服薬(湯煎薬及び湯薬、頓服薬を除く)の調剤料(1剤につき)...

令和4年3月22日公開令和4年4月1日更新【自家製剤加算】2022.3.31まで【自家製剤加算】2022.4.1から注6 次の薬剤を自家製剤の上調剤した場合は、自家製剤加算として、1調剤につき(イの(1)に掲げる場合にあっては、投与日数が7又はその端数を増すごとに)、それぞれ次の点数(予製剤による場...

令和3年7月7日公開令和4年3月27日更新注意‼「一包化加算」は2022年3月31日で廃止となり「外来服薬支援料2」が新設されました。2022年4月1日からは、「一包化加算」を「外来服薬支援料2」に読み替えての解釈でよいと思われます外来服薬支援料について(2022.4改訂)一包化は、多種類の薬剤が投...

令和元年11月10日公開令和4年3月26日更新注意‼自家製剤加算の算定要件が2022年4月1日から変更しています。2022年4月1日からは、割線の有無に関係なく算定できるようになるようです。自家製剤加算について(2022.4改定)割線のある錠剤を医師の指示に基づき分割した場合は、自家製剤加算が算定で...

令和3年5月5日公開令和4年3月22日更新注意‼「調剤料」は2022年3月31日までの旧算定方法となります。2022年4月1日からは、「薬剤調製料」、「調剤管理料」が新設されます。「薬剤調製料」と「調剤管理料」についての記事へ内服薬頓服薬外用薬注射薬それぞれについて所定単位ごとに算定します

令和2年4月15日公開令和4年3月2日更新新型コロナウイルス感染症が拡大し、医療機関の受診が困難になりつつあることに鑑みた時限的・特例的な対応として、電話や情報通信機器を用いた診療や服薬指導等の取扱いについての案内がでました。新たな通知新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用い...

令和3年6月22日公開令和4年3月1日更新オーソライズド・ジェネリック(Authorized Generic:AGと略される)とは後発医薬品メーカーが先発医薬品メーカーの許諾(Authorize)を受けて製造販売する後発医薬品(ジェネリック医薬品)のこと。明確に定義はされていないが、一般的には、有効...

page top