サインバルタが処方された時に注意すべきことは?

この処方箋、確認することはありますか?

RP1 
   サインバルタカプセル30㎎  1P
    分1 夕食後  14日分

 

整形外科受診中・お薬手帳利用無し・心療内科初診

 

心療内科から処方された上記の処方箋、そのまま出しても大丈夫でしょうか?

 

サインバルタの添付文書を確認!!

サインバルタの添付文書(用法用量の部分を抜粋)

サインバルタの添付文書(リンク)

解説!!

1点目

ご存知の方が多いかもしれませんが、用法及用量についてです。

 

添付文書には「朝食後」及び「20㎎より開始」の記載があります。

 

処方箋は夕食後30㎎の指示になっています。

 

用法は、「眠気の副作用がある為夕食後指示」なのか「朝食後」に変更になるのか、

 

また用量は「このまま」か「20㎎」に変更になるのか、疑義照会が必要になります。

 

用法は夕食後のままになる事はありますが、用量は初診なら、ほぼ20㎎に変更になっています。

 

2点目

整形でのんでいる薬が何か確認が必要となります。効能・効果には「うつ病」以外にも、

 

「慢性腰痛症に伴う疼痛」、「変形性関節症に伴う疼痛」があり、整形外科を受診中であれば、

 

すでに服用されている可能性があります。実物をみて貰い、のんでない事を確認しましょう。

上記以外に必要な注意事項

サインバルタをうつ病で処方されている場合は、ハイリスク薬の扱いになる為、

 

心療内科処方の場合は「特定薬剤管理指導加算」を算定している可能性があります。

 

整形の処方箋を受付けた場合は算定要件を満たさなくなるので、診療科によっての

 

適応症の違いがある事に注意しておく必要があります。

まとめ

心療内科においてサインバルタ処方時には、

  • 朝食後の用法であることに注意し、用法が逸脱している場合は疑義照会を行いましょう。
  • 初診の場合、用量が20㎎から開始となっているのか確認しましょう。
  • 整形外科を受診中の場合はサインバルタを処方されていないか確認しましょう。
  • 診療科により適応症の確認を行い、特定薬剤管理指導加算の可否に注意しましょう。

最後にお願い!!

心療内科にて、SNRI(イフェクサ、サインバルタ)、SSRI(ルボックス、パキシル、レクサプロ、ジェイゾロフト)、その他うつ病の薬を服用しているにも関わらず、整形外科からサインバルタが処方されてそのまま当薬局以外の調剤薬局にて投薬されてしまっている場合が多くあります。(疑義照会しても処方されてしまうのでしょうか?)

 

うつ病を治療中の患者には整形外科からサインバルタは処方されるべき薬ではないと思います。

 

当薬局では、このような対応をされた患者さんの情報提供を心療内科医に行っています。

 

その結果処方調整が行われています。(何か違うような気がするんですが・・・。)

 

自殺念慮、自殺企図等注意が必要なハイリスク薬ですから慎重な疑義照会をお願いしたいです。

Widget is loading comments...
m3.comを利用しませんか?


30万人以上の医師、20万人以上の薬剤師が登録している日本最大級の医療専用サイト
スマートフォンでもパソコンでも最新の医療ニュースを情報収集&学習できます


今ならキャンペーンで3000円相当のAmazonギフト券が貰えますよ!!
もらったギフト券で本を買おう!!
更に
アプリをダウンロードし24時間以内にログインでプラス500円貰えます!!

2022年9月30日まで


キャンペーン対象の会員登録を希望の方

m3.comのメリットを知りたい方

m3ポイントをAmazonギフト券に交換する方法を詳しく知りたい方
page top